Andy-e49er Blog  (Trial - Temporary)

はてなダイアリー http://d.hatena.ne.jp/andy-e49er/ からお引越し中

電機の大いなる課題と挑戦

処暑も8/21に過ぎました。夜半など、気温が下がり、全体に「やや暑さの厳しさ加減が緩み始めたかな?」、の兆しを感じる今日この頃です。残暑お見舞い申し上げます。
「ものづくりに誇りを持つ一人として言えば、今や(*追補:過去エズラ・ボーゲル著「Japan as No.1」などの80年代などに世界の産業界でもてはやされた、ニッポンの) ものづくり神話や、延長線上のカイゼン方策に拘泥しているだけでは、なかなか明るい未来は拓けません。パラダイムシフト、リスクテイキング、ブルーオーシャンの創出などが必要。
◆日本の電気関連企業にとっての課題⇒引用;「ハードウエアの向上に焦点を絞った『ものづくり』への固執」 / “陰りゆく日本の電子関連企業 その凋落の理由 - WSJ日本版 - http://t.co/W70lOn1Shttp://t.co/EGREjwk9
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 - 引用終わり。


「日本の電機産業について」関連するブログ内記事へのリンク 
◆Andy ことづくりBlog-Fleur de SEL.  [ 米アップル米国販売での粗利益率 ] へのリンク:http://d.hatena.ne.jp/andy-e49er/20120728
◆Andy ことづくりBlog-Fleur de SEL.  [ 日本の貿易、産業競争力と財政が危ない ] へのリンク:http://d.hatena.ne.jp/andy-e49er/20120128
◆Andy ことづくりBlog-Fleur de SEL.  [ グローバル市場で勝ち残る戦略 ] へのリンク:http://d.hatena.ne.jp/andy-e49er/20110807 (記事の一部⇒竹中平蔵氏の談: 日立と三菱重工の合併に向けた動きは、日本経済が新しい段階に入ったことを象徴している。鉄鋼・自動車などに比べて、電機メーカーは圧倒的に再編が遅れていた。背景には、競争しない大会社から受注できたという恵まれた立場があった。東電とNTT。独占は、その企業だけでなく、取引先をも甘やかす)
◆Andy ことづくりBlog - Fleur de SEL. ציון All Rights Reserved ©