Andy-e49er Blog  (Trial - Temporary)

はてなダイアリー http://d.hatena.ne.jp/andy-e49er/ からお引越し中

書評・随想

『財務省と政治』読みごたえあり!!

東大法卒日経新聞政治部・経済部・ジュネーブ支局長経験64年生まれ清水真人著「財務省と政治」読書中。55年体制以降、今に至る時の政権と大蔵省財務省との国政プロセス。政策と予算、政局の実録がこれでもかの精緻さで再現される良書。読むと自身の仕事上の…

 【キャリア構築を成功させる六カ条】

「再就職できない中高年にならないための本」(C&R研究所)人材コンサルタント 谷所 健一郎 著 2015-6-1 初版 から: 【キャリア構築を成功させる六カ条】 ⑴ 限界を自ら設けない ⑵ 固定概念に捉われない ⑶ 出会いを大切にする ⑷ 常に笑顔を意識する ・中高年…

 読書ノート(2015-07)

2015-07-28七月最後の日曜日に入った。 とても暑い。台風と高気圧の二重苦。 ルーヴル美術館女たちの肖像描かれなかったドラマ インドでバスに乗って考えた−混沌を生きる知恵−☆☆☆ 江田島海軍兵学校−世界最高の教育機関 3冊を、同時並行で読んでいる。イ…

『宮本武蔵』

⒈ 最前からAmazonの無料連載で吉川英治の『宮本武蔵』を読んでいる。別に剣豪に憧れているわけではない。「道を究め悟りを啓くことは何か」に興味がある。⒉ 「あぁ、そうか」情報の、断片の、スゴイ積み重ねの末に『閃き』ヒラメキが、直観が興る。一瞬の評…

『アジアの行方』 副題:大激動の真実を知れ

サムスン会長はなぜ三男か? 長谷川慶太郎『アジアの行方』副題:大激動の真実を知れ(2013/4/18)から。 日米中の政治経済社会の大変動を読み解くのに長谷川氏の書き下ろしものは、いつも簡潔な文体。直截で読みやすい。歯に衣着せぬ物言い。軽妙かつ、飾ら…

『アメリカが劣化した本当の理由』

『アメリカが劣化した本当の理由』新潮新書 2012-12-20著者 Colin P.A.Jones 著者は、USAはコロラド州生まれの弁護士、同志社大学法科大学院教授が書いた本。(1965年生まれ、東北大学大学院法学研究科博士前期課程、デューク大学ロースクール修了)日本語で…

『かつての超大国アメリカ』の衝撃

2012-09-21 日本経済新聞出版社 『かつての超大国アメリカ』 どこで間違えたのか、どうすれば復活できるのか トーマス・フリードマン & マイケル・マンデルバウムの共著 Original Title ; Thomas Friedman AND Michael Mandelbaum's " That used to be us :…

学校では教えてくれなかった!

Accurasal (@Accurasal)04/07 09:01強風で青空…「世界のなかのニッポン近現代史」 菅野祐孝著、洋泉社・歴史新書…新書ブームですが、ハンディに日本と世界の近現代を繋がりとして確認しながら読むといいです。幕末からの開国は、TPPの今と対比して考えてみる…

『良い戦略、悪い戦略』

Accurasal (@Accurasal)04/03/2013. 『良い戦略、悪い戦略』リチャード・P・ルメルト著(日経新聞出版社)いま読み始め。経営戦略本は昨年度まで結構手にしたが、その中でもこの本は目からウロコ。◆バークレー電気工学修士から、システムエンジニアとしてNAS…

東日本大震災の事実

もうすぐ3月11日が巡ってきます。 東日本大震災、3.11. 〜あれから2年。 はたしてこの2年は長かったのか、短かったのか。 人それぞれの思いがあると思います。当時、私には私なりの(仕事柄、災害に関係する一つの業務にも携わり、)大変さがありました…

[経営]リーダー論と現実の経営

◆ 今日、たまプラーザのコギーと言う自転車屋さんにすごく久しぶりで来ました。目的は、2005/12月にこのお店で購入した、愛車 Trek 1000 のメンテナンスです。予め電話して店長に会って来ました。・もうあれから七年経ったなんて、とても思えません。ほとん…

なぜ大企業が突然つぶれるのか/生き残るための「複雑系思考」

生き残るための「複雑系思考」 01/20*[書評・随想] なぜ大企業が突然つぶれるのか 生き残るための「複雑系思考」 夏野剛著、昨年十月刊行、 を読み始めた。日本企業の経営幹部層の方にもぜひ一読を勧めたい刺激もの。飛ばし読みなら三時間で終わる内容だけれ…

ツキと幸運を引き寄せる法

『イライラや怒りをマネジメントしてツキと幸運を引き寄せる法』 武田 和久著(2011-6-30 初版) それなりに役立つ一冊。内容は細かくは覚えていない( /// このブログの中身を書いたのは読んでから3ヶ月以上経っているからDetailはすでに忘れてしまっ…

アウン・サン・スー・チー【恐怖からの自由】

恐怖からの自由 Accurasal (@Accurasal)08/17 「正しい目的」と「正しい手段」 「正しい目的は、それにふさわしい正しい手段を用いない限り達成できない」これは言い換えれば、目的と手段における「正しさ」の倫理的基準の一致を意味する。インド独立運動の…

イスラエルの知恵

Andy-e49er (@Accurasal)12/08/08 16:43「専門家とは例外なく過去の事実を語る専門家だ。これから起こる事象を語れる専門家はひとりもいない」。(イスラエルの初代首相ダビッド・ベングリオンの言葉)これから生まれる未来についての詝専門家 詝になるため…

『100円のコーラを1000円で売る方法』

夏休み日記その3:読書感想文。表題に魅力を感じて借りて来ました。 『100円のコーラを1000円で売る方法』(永井孝尚著 2012-2-8 第6刷 著者は日本IBM・ソフトウェア事業部シニアマーケティングマネージャー)読了。面白くて読みやすい本は、あっという間。…

日本とインド いま結ばれる民主主義国家

(1)日本とインド いま結ばれる民主主義国家:副題)中国「封じ込め」は可能か 櫻井よしこ編(国家基本問題研究所) 文藝春秋 2012-5-25 ・執筆者に安倍晋三氏ほか、インド人外交官、首相補佐官、国防相、シンクタンク研究者、計12名が含まれる。櫻井さん…

予測できないが切り開く将来

結局、幸せになれるかどうかは、長期的視点で努力し続けることができるかどうかだ。そして努力できるかどうかは、自分の努力によって自分の人生を変えることができるという自己効力感をもてるかどうかにかかっている。(高橋俊介著) *** Good luck ! means;…

古代ユダヤ賢人の言葉

Accurasal (@Accurasal)06/30 23:26:19超訳聖書 「古代ユダヤ賢人の言葉」 Words from the Ancient Jewish Wisdom 石井稀尚編訳. 2012-5-1. 第2刷 (1) 当たり前の道徳心や倫理観を説いているが、不思議と斜め読みでも、頭に入ってくるし、理解できる。Accura…

友人が電子出版!

Accurasal (@Accurasal)06/23 12:53:30フェースブック友人つながりの方が本を電子出版されたみたいです。 週休4日が地球を救う 〜サステイナブルな未来世界への旅〜 伊藤高光さん http://t.co/y2LD8PhX http://t.co/8qv0LjgN

「さよなら!僕らのソニー」

立石康則著、文春文庫 2011-11-20 ◆著者が共感を持ち、ほぼ思い入れを隠さない旧世代の井深氏、盛田氏、大賀氏、の創業者組みは、プロダクト・プランニング重視派であり、消費者に感動を与える新製品を世に出し、ヒットさせて来た。 ◆対するストリンガー氏、…

エリア51とトップガン、その関係

米国秘密基地と安全保障の深くて長い関係とは?在日米海軍司令部 (@CNFJ)12/06/14 19:10映画「トップガン」の撮影に協力した米海軍のパイロットの写真。この写真が撮影されたのは1985年7月だそうで・・・なんと27年前!フォロワーさんの多くはまだ生まれる前…

「巨象も踊る」

ルイス・V・ガースナー著「巨象も踊る」を正にいま読み始めた。IBM再生の立役者は、決してあきらめなかった人たち…だそうだ。 Who Says Elephants Can't Dance ? (Louis V. Gerstner Jr.) 2002-12-2 日本経済新聞社刊 やはり、一級の人格者が、ゴーストラ…

ASEANとともに歩むわが人生

※関連記事:[http://d.hatena.ne.jp/andy-e49er/20120429:title=ASEANロードショー]: http://d.hatena.ne.jp/andy-e49er/20120429 新刊書 「新しいASEAN - 地域共同体とアジアの中心性を目指して - 」ジェトロ・アジア経済研究所編(2011-12)(山影進氏編)を読み…

全く希望がなさそうに見えても挑戦し続けた者たち

この世で重要な物事のほとんどFrom iPhone4. Andy-e49er (@Accurasal)2012/05/26「この世で重要な物事のほとんどは、全く希望がなさそうに見えても挑戦し続けた者たちによって成し遂げられてきた」(デール・カーネギー)★私にも経験があります…。ほぼ無理だ…

エリア51

明るく気楽な気持ちで、コンピュータおたくの成長を紡ぐものがたりとして読める「グーグル」から一転、今度は【「エリア51」(世界でもっとも有名な秘密基地の真実)アニー・ジェイコブソン著、2012-4-17 】を読み始めた。 21章500ページを超えるこの大書。…

Google

Accurasal (@Accurasal)05/17 00:11:03Steven Levy が、限りなくインサイダーに近いアウトサイダーとして入り込み、その体験に基づいて昨年末に発刊した、「 Google 」読み始めました。分厚い。エキサイティングな伝記物かつ情報通信技術の話もあり…文科系の…

「外資系トップの英語力」

Andy-e49er (@Accurasal)04/29 04:56:53@mtiss_1 英語力と言うけど実は、経営プロの生き様、能力開発のツボがつぶさに読み取れ面白いです。十人十色、バラエティーに富む業界も興味深い。RT @Accurasal GW 1日目「外資系トップの英語力」経営プロはいかに手…

原点に帰ること

★昔、何かで人生や仕事に大きく悩んだ時、元の上司に連絡を取り、その方に教えてもらったある考え方の本を読んで気分転換をし、ほどなく立ち直ったことがある。本自体の内容がどうこうではない。本を読むことで、集中し、その中で「自ら何かに気がつく、気…

ガンにならない3つの食習慣!

Andy-e49er (@Accurasal)12/03/18 19:47ボストン在住時代尊敬する昔からの知り合いである、高橋先生(医学博士)から自署サイン入りの貴重なご著書を頂戴していました。読み始めましたがイイです!「ガンにならない3つの食習慣」ファイトケミカルで健康にな…